まいてぃ〜きゅうと++

不定期ですが、写真や動画できゅうと家の日常を綴って行けたら良いな...と思っています。

ゴールデンドゥードゥル

いきなりですが、ゴールデンドゥードゥルってご存じですか?

きゅうとママの従姉妹が、ゴールデンドゥードゥルの仔犬を家族に迎えたと云うので、きゅうとを連れて会いに行って来ました!
アニー2
可愛いでしょ♪

この子は、お父さんがゴールデンレトリーバー、お母さんがスタンダードプードルのハーフで、アニーちゃんと云うとってもヤンチャな女の子です。


今はゴールデンレトリーバーの仔犬...と云った感じなのですが、大人になるとこんな感じに...
Goldendoodle(From Wikipedia)
何とも愛くるしい姿に...でも体重は20kgは優に超えるとか!

今日のところは、辛うじてきゅうとの方が大きかったけど、今度会う時にはきゅうとは見下ろされてしまうかもね(^o^)

久しぶりに乳くさい仔犬を抱っこして、とっても癒された一日でした。



  1. 2010/07/11(日) 23:11:13|
  2. その他|
  3. トラックバック:4|
  4. コメント:1

月命日

早いもので、ナナさんが天に召されてから一ヶ月が経ってしまいました...

月命日
殺風景ですが、毎日ナナが微笑掛けてくれています!

月命日だったので、お花をと思ったのですが、夏場は切花が長もちしないので、鉢植えの蘭を飾ってあげました。

ナナさん、今頃は何しているのかな...

今回諸般の理由で、結果的にナナさんの臨終に立ち会うことが出来なかったのですが、当初「これもきっと、自分達に余計な負担を掛けない様にとのナナさんの気配りなんだ」なんて自分自身を納得させていたのですが、時間が経つに連れ、16年も一緒に暮らしたのに、命が消えて行こうとするナナの身体をさすってあげる事も、命が消えても未だ温もりのあるナナを抱きしめてあげる事も出来なかった...ナナは一人病院のケージの中で心細かったんじゃないか、寂しかったんじゃないか...そんな事を思い、悲しみと悔しさと寂しさを感じる様になってしまいました。

今、こうしてBlogを書いている時も、今まで以上に甘えん坊になってしまったきゅうとが足元で、身体をくっつけて寝ています。
何時かはまた訪れるであろうきゅうととの別れ、今度はそんな悔いを残さないよう、Qママときゅうと三人でゆったり過ごして行けたら良いな...と思う今日この頃です。



  1. 2010/07/06(火) 23:48:34|
  2. ナナ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

サマーカット

このところ、ナナ婆さんの事ばかりだったので、久しぶりにきゅうとネタで...

先週の日曜日、暑くなって来たので、もしゃもしゃきゅうと君をサマーカットにしてみました。

< Before >
もしゃもしゃきゅうと


< After >
サマーカット1


短くなったら、頭でっかちのスムースJRTになりました!

しかし、もうすぐ5歳になると云うのに、相変わらずのお子ちゃま...

ナナ婆さんが亡くなって、今まで以上に甘えん坊になったきゅうと、チビなりにナナ婆さんに気を使っていなのかな?

親ばかですが...やっぱり可愛いです (^^ゞ

おまけ...


...続きを読む
  1. 2010/06/15(火) 23:30:06|
  2. きゅうと|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:1

ナナの犬生

この度はお悔やみや、暖かい励ましのコメントを頂き、本当にありがとうございました。
お陰様で、Qママも自分もだいぶ気持ちも落ち着き、甘えん坊になったきゅうとと3人、元の生活を取り戻しつつあります。

ナナ婆の初七日を迎え、今日はナナさんの犬生(?)について少し書きたいと思います。

先ずナナさんは、1993年9月生まれ、本名(血統書の名前)は、秋に生まれたので「照菊姫」と云います。

我が家の家族になったのは、1993年12月、生後3ヶ月の時でした。
とにかく、元気なお転婆娘でした!

ナナさん生後4ヶ月-1

何しろ、家に来た翌日にはこのケージをよじ登り脱走を図った程でした。
ナナさん生後4ヶ月-2

そもそも、ナナを家族に迎えた理由は...先に既に家族に迎えた雄の柴犬「ミロ君」のお嫁さんにするためでした。

幼妻ナナ-1
幼妻のナナと旦那のミロです。

最初は「何だこのチビは?」と云った感じのミロ君でしたが、次第にナナを受け入れやがて結ばれ、めでたく夫婦になりました。

それから暫くするとナナ身体に変化が...そう、赤ちゃんが出来た様でした。
しかしそんな折、きゅうと家は引越す事に...ミロ君と身重のナナを連れ、今の家に越して来ました。

そして間もなく、ナナさんは第一回目の出産をし、4匹の子供を授かりました。
その後ナナは、2回の出産を経験し、全部で11匹の子供を授かりました。

ヤンママ-1
ヤンママ-2
ヤンママ時代のナナさんです。



生まれた仔犬達の内、一番最初に生まれた4匹の内の1匹を「ハッチ」と名付け、手元に残したのですが、私達の注意不足により交通事故に遭ってしまい、1歳ちょっとで天に召されてしまいました。

在りし日のハッチです...
息子のハッチ


不運は続くもので、ハッチが亡くなって暫くし、今度はミロが脱走したまま行方不明となってしまったのです!

そして時は流れ2005年11月、遂にきゅうとが我が家にやって来ました。


初めてきゅうとを見たナナ婆の様子です。(この時ナナ婆12歳)

若い頃は健康優良児的に元気だったナナさんでしたが、齢を重ねるに連れ、子宮蓄膿症で子宮摘出の手術を受けたり、アトピーが現れ身体中を掻きむしり、毛が抜け皮膚が真っ赤になりステロイド治療を受けたり、肺に水が溜り入院したりと病院の厄介になる事が多くなり、去年今回亡くなった原因にもなった、突発性前庭疾患を発症してからは、急に老いが目立ちだし、足腰もすっかり弱ってきていました。
そして今回、また前庭疾患を再発させ、懸命に病気と戦ったナナでしたが、心臓が耐えきれず、静かに本当に眠る様に16歳9ヶ月の犬生を閉じたのでした。

長いこと、読んで頂きありがとうございました。
最後に、ナナ婆が動いている最後の動画を観てやって下さい。
これ以降、看病に忙しかったのか、見るに忍びなかったのか、何故かナナ婆が亡くなる迄の写真や動画が1枚も無いんです...









...続きを読む
  1. 2010/06/12(土) 22:06:26|
  2. ナナ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

ナナ婆ちゃん帰って来ました

先ず、この度はBlog並びにmixiに心のこもったお悔やみの言葉や、激励のメセージを戴き、本当にありがとうございました。

本日、ナナ婆さんの火葬が終わり、白い骨壷に入って我が家に帰ってまいりました。

正直、何かほっとした様な気持ちです。

祭壇



もう少し落ち着いたら、ナナ婆さんの人生ならぬ犬生をまとめて紹介したいと思っています。


皆さん暖かいお言葉、本当にありがとうございました。


  1. 2010/06/09(水) 00:10:14|
  2. ナナ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4
次のページ